FC2ブログ

olive olive episode5

【商品名】Casa Anadia private Collection
【内容量】250㎖-229g 500㎖-458g
【品種】コブランソーザ・ピクアル
【産地】ポルトガル ヒバテージョ地方
【酸度】0.4%
コールドプレス*ノンフィルター製法。


(写真:左)


ポルトガルの真ん中辺り、ヒバテージョ(リバテージョ)と聞くと、ワイン好きな方は( ̄▽ ̄)ニヤリとされるかと思います(笑)
お手軽ワインの産地で有名ですね^ ^




100ヘクタールもあるカーザアナディアの広大な農園には、約5万本ものオリーブが栽培されていて、その中の約10ヘクタールに樹齢100年以上も経ったオリーブが今でも実を付けて楽しませてくれている様です!

手動機械を使って「地面に触れる事がない様」に収穫され(勿論手摘み部分もあり)短時間で作業を行い、オリーブ本来の風味や味・健康成分を愛情を込めてボトリングされています。

日本への輸送は贅沢な空便。

そして、ポルトガルの生産者の「お城」で管理されていたオリーブオイルは、飛行機で日本に渡り、静岡の昔ながらの涼しい「お蔵」で保存されています。
《現地の味》をお客様にお届けすることに責任を持って扱われている事がヒシヒシと伝わり、扱わせていただくmogu-moguでも温度管理を徹底しています^ ^



日本:インターナショナルオリーブオイルコンペティション2015 銀賞

アメリカ:ニューヨークインターナショナルオイルコンペティション2015 銀賞

ドイツ:インターナショナルオリーブオイルチャレンジ2013 4つ星

...etc...評価を残しています。



テイスティングをしての私のMEMOは以下の通りです..._φ(・_・

青りんご 青いバナナの皮の様な青い香り
香りも味もアッサリ
辛味も弱い
バランス◯
癖がない
料理:オールマイティに使える
味の好みが分からない方へのギフトにも最適!


と書きました^ ^

使われているコブランソーザは日本ではまだ希少ですので、オリーブオイルに詳しい方にも味わっていただきたい1本。
ビジュアルの高級感も素敵なので、キッチンコーディネートや贈り物にも非常にオススメです!



沢山沢山お伝えしたい事があるのですが、完成したこの分が何故が更新の際に全部消えてしまう、、、というトラブルに見舞われ、心が折れておりますので、詳しくは輸入元のポルトドポルトさんのホームページ・Blogを是非参考にされてくださいm(__)m


最後に気なるお値段を!


2015年11月27日現在
2300yen/250㎖ です。
olive olive episode6 | Home | 業務連絡。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する